1月17日は阪神淡路大震災より27年。

今回は実際に「防災リフォーム」を取り入れることでどのようなメリットがあるか耐震リフォーム・外壁のリフォーム等それぞれの種類別に紹介したいと思います。

耐震リフォーム

耐震リフォームとは、地震に耐えられるようにリフォームすることです。

弱い部分を補強して強度を持たせ、地震が起きても「倒壊しにくい家造り」を目指します!

✔腐食や劣化の進んだ柱や土台の交換

✔耐震金物によりしっかりと補強

外壁リフォーム

外壁リフォームとは、外壁の補修工事や塗装工事、新装工事のことです。

外壁は、雨や風、太陽からの紫外線による影響を常に受けています。そのため年月の経過と共に、塗装がはがれたり、ひび割れが生じます。

外壁リフォームは災害に対する備えはもちろん、見た目の美しさを取り戻すことも可能です。

また断熱材を取り入れることで冷暖房によるコストカットも見込めるのも嬉しいポイント!

マンション住まい できること

マンションの場合でも防災リフォームを効果的に取り入れることが可能です。

マンションの防災リフォームとしては「窓ガラスの交換」がオススメ!

通常の窓の場合地震や台風によってガラスが割れて飛散し、大切な家族やご自身を傷つけてしまう恐れがあります。

防災ガラスを取り入れることで、ガラスの飛散を防ぐことが可能です。

また、地震による振動で家具が転倒してしまうことを避ける「家具転倒防止金具の取付」もおすすめです。

この機会にご自宅の防災対策を見直すことはいかがでしょうか。

リフォームについてご相談・資料送付を希望の方はニッケン建設へお気軽へお問合せください♬

ニッケン建設HPはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA